国内で英語が必要な仕事はこんなにある

グローバル社会・英語の必要な職業は次第に増えてきている

インターネット普及の影響でますますグローバル化が進む今、国際社会で最も多く使われている言語である英語は以前にも増してその必要性が高くなってきています。その理由の一つはインターネットに英語による情報が最も多くあるからです。

 

ネットには全体の約40%もの英語情報があり、それが社会の中でいろいろな繋がりをつくり、そこから新しい仕事が次々と生まれているのです。グーグルやヤフーを見てください。それにツウィッターやフェイスブックも同じです。

 

こうした組織はインターネット企業として設立され、いまや押しも押されぬ大会社に成長しているではありませんか。わが国で言えば「楽天」という企業がこれにあたります。この会社は国際化の波に乗るためいち早く英語を社内公用語にしました。

 

そして今後は日本より海外にビジネス拠点を多く置き、ビジネスの中心を海外にしようと目論んでいるのです。そのための社内公用語英語化だったのです。

 

【英語ができないとビジネスの範囲は広がらないし、競争に勝つこともできない】

 

楽天の例ではありませんが、少子高齢化がますます進み、今の日本でのビジネスのパイは次第に少なくなってきています。したがって国内だけでその少ないパイを奪い合っても仕方がないのです。今はどうしても目を海外に向けなければいけない時代なのです。

 

すでに製造業は多くの拠点を海外においています。でも製造業だけでは駄目です。流通業もサービス業も今後は真剣に海外展開を考えていかなければいけません。そうでなければビジネスが拡大しないばかりか、消滅の恐れさえあります。

 

インターネット社会即国際化社会であり、その社会でのビジネスで生き残るには英語力が必要なことは言うまでもありません。今後、その必要性は増しても決して減るはないのです。
オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話はEigo(エイゴ)へ! 無料体験レッスンも実施中!

英語ができなければこれからの国際ビジネス社会で生き残れない

世の中のグローバル化でこれまで以上に英語が必要になることは明らかなのですが、なかには「英語なんかできなくても生きていける」という人もいるようです。確かにその通りです。生きてはいけるのは間違いありません。

 

しかしそれは質を問わない生き方の場合です。例えばインターネット全盛の今の時代、ネット検索一つとっても英語ができるとできないでは大きく違ってきます。何故でしょうか。それは日本語だけを使った場合ではインターネット全情報のうち10%以下の情報しか検索できないからなのです。

 

現在のインターネット情報は全体の9割以上は英語をはじめとした日本語以外の他の言語によるものです。その中で最も多いのは英語であり、全体の約4割を占めています。ですからせめて英語でもできると日本語を併せて約50%の情報に接することができるのです。

 

【ビジネスパースンで英語ができないことは致命的なマイナス】

 

グローバル化の波は一般生活よりむしろビジネスの面に多く押し寄せてきています。このところ日本企業が海外の企業にどんどんシェアを奪われ大苦戦を強いられているケースが多いようですが、これはうまくグローバル化の波に乗れなかったからなのではないでしょうか。

 

グローバル化の波に乗るのに必要なのはなんといっても語学力です。世界で使われている言語は非常に多くありますが、国際語として最もよく使われているのはなんと言っても英語です。

 

したがってこれからのビジネスパースンにとっと英語力は必須です。この力をつけなければ国際市場での競争についていけず、いつも負けてばかりいなければならないのです。
子ども専用オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話はキッズスター★イ ングリッシュ!無料体験レッスンも実施中!