キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

ついこの前までは「スチュワーデス」と呼ばれていたのですが、あっという間に新しい「キャビンアテンダント」という名称が定着してしまい、今ではこの呼称が少しも不自然ではなくなってきています。

 

 

昔スチュワーデス、今キャビンアテンダントと呼ばれるようになったこの職業ですが、なんと言ってもその印象として一番に挙げられるのは「華やかさ」ではないでしょうか。飛行機というもっと最もスピードの速い乗り物で世界中の都市を駆け巡る。

 

 

こういったことが「華やかさ」の背景になのでしょうが、キャビンアテンダントの職務はお客の身の回りの世話が主であり、仕事としては決して楽なことだけではないでしょう。さて、キャビンアテンダントと言えばまず第一に必要なのが語学です。特に国際線ともなると客の多くは外国人ですから、日常的に英語力は必要になってきます。

 

 

【キャビンアテンダントは名門大学出身が多い】

 

英語力が必須なキャビンアテンドだけに、その出身大学はやはり英語教育に優れた名門大学が多いようです。最近のデータを見てみますと、出身大学ランキング上位には3校の外国語大学が入っており、これだけ見てもいかに英語力が必要かがよく分かります。

 

 

この3校のほかも日本女子大とか早稲田とか、あるいはフェリス女学院などの関東の名門校が入っています。また関西では関西学院や同志社大学、あるいは女子大の名門同志社女子大学というように、実にそうそうたる名門大学がラインナップされています。

 

 

キャビンアテンダントは今も昔も語学が生かせるハイレベルな女性の職業に変わりないようです。