自分の英語能力を最大限引き出す

自分の英語能力を最大限引き出す

ビジネスで英語を使いたいといってもすぐに英語力がつくわけではありません。英語で話しかけられて、意味がわからなくても分かったふりをして頷いてしまうということがありませんか。しかし後々それが原因で仕事のミスを生むということもあります。

 

こういう状態になると、仕事以外の時間で英語を練習して、職場で流暢な英語を披露するといきたいところですが、なかなかそこまでうまくいく人はいないと思います。新しい知識や経験を身に付けるのも大事ですが、今ある能力を最大限いかすという考え方も必要です。相手に知らず知らずのうちに、こちらの会話能力に合わせるというやり方もあります。

 

意外にこの方法はやってみれば簡単です。相手が英語圏の出身の場合、日本人とは多かれ少なかれ会話能力に差があります。まず自分がどの程度英語が出来るのか相手にわかってもらうことです。そしてこちらは背伸びせずに自分の英語力を考えて、簡単な単語を使い、ゆっくりとで、いいから確実にこちらの思っていることを伝えましょう。自分が理解できない場合聞き返してもいいのです。

 

理解できなかったというのは悪いことではありません。むしろ理解していないのに、理解している振りをしている方が危険です。何度会話を中断してもいいので確実に話を理解する。会話のテンポをおとしてもらい、自分が理解できているか相手に訊いてみることです。受け身にならず、積極的に行動していけばとりあえずは簡単な英語能力でも仕事が出来るでしょう。まずはそれからです。