小学校英語教師

小学校英語教師

2011年から始まった小学校の英語教育がいまいろいろな方面に影響を及ぼし始めています。その中で最も影響を受けると思われるのは小学校教員の採用試験です。これまでは原則として小学校教員の試験には英語はありませんでした。

 

 

 

したがって教員養成の大学でも1部で英語を選択性にしているぐらいで、たいていの大学では科目として英語を指導していないようです。ところが昨年度よりの小学校英語授業開始で事情は大きく変わってきました。つまり次第に英語を試験科目に入れる動きが強まってきているのです。

 

 

 

【今後小学校教員になるためには英語力が必須になってくる】

 

昨年始まった小学校の英語授業は、いまのところALT(assistant language teacher)の助けを借りながら担任教師が担当しているところが多いようです。でも一部ではこの担任にかわって非常勤で雇用した英語選任教師が当たっているところもあり、やり方についてはまちまちで、必ずしも統一されていません。

 

 

 

しかし、非常勤の選任教師を当てているところは別として、専門の英語教育を受けていない英語を、いかにALTの助けを得ながらとはいえ不得手な教師が指導に当たるというのは問題があります。

 

 

 

したがって望ましいのはやはり正式に小学校教員採用試験に英語を受験科目と加えることではないでしょうか。それには教員養成コースを持つすべての大学が英語を指導科目に加えて、新たに指導カリキュラムを作り変える必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

それに今後小学校教師を目指す人たちは英語に対する意識改革を行うことが大切になってくるでしょう。