民間英会話スクール教師

民間英会話スクール教師

民間英会話スクールの場合、大人を対象としたところでは、そのほとんど外国人教師がメインになって指導していますから、たいていの場合こうしたところは日本人英語教師にとって就職の対象になりません。こうした職場でターゲットになるのは児童英語スクールです。

 

 

 

2011年から小学校で英語授業が始まった影響で、いま児童英語教師が次第に脚光を浴びてきています。民間の児童英語スクールはかなり以前からありましたが、これまでは教師に対するはっきりとした資格がなく、多少英語力があり、子どもが好きなら誰でも容易に教師になれるということもあって、はっきり言ってこれまではそれほど人気職種ではなかったようです。

 

 

 

しかし2011年に小学校で英語授業が始まってからは事情は一変しました。それは公立小学校で英語が始まるのに際してNPO法人の「J−SHINE」という団体が児童英語教師に対しての認定制度を作ったことにも原因があります。

 

 

 

この団体によって認定を受けると小学校での英語指導ができるのです。

 

 

 

【小学校での英語授業開始によって児童英語教師の人気と地位は上がる】

 

さきほども触れましたように小学校英語教育が始まるまでは児童英語教師の人気や地位は決して高いものではありませんでした。それは資格があいまいで公の機関で認めるシステムがなかったことにも原因があります。

 

 

 

でも小学校英語授業開始に伴って「J−SHINE」という機関が認定制度を作ったことにより、資格に認定されることにより、その社会的な位置づけがハッキリしてきました。