高等学校英語教師

高等学校英語教師

一般的に高校英語教師となればその英語力がかなり高い人も多くいます。でもそうした人の多くはreading、とwritingには優れていても、speakingの力は別のようです。

 

 

 

もっとも高校英語の指導目的が今ではほとんど受験をターゲットにしたものになっていますから、そのための指導力があれば会話の力はそれほど求められていないようです。それだけ受験に対する英語の比重が高いのです。

 

 

 

少し前に、高等学校で英会話力を育てるために、英語を受験科目から外そうという動きもあったようですが、それもその後うやむやになってしまい、一部の例外を除いて今でも依然として受験目的の授業が展開されているようです。

 

 

 

【今後増えることが予想される大学で英語を使った講義を受けるために高校教師は生徒にhearing力、speaking力をつけなければいけない】

 

いまわが国の多くの大学は講義を英語化する動きを始めています。つまり日本文学などの日本語の使用が必須な科目を除いて、ほとんどの科目を英語で講義に切り替えようという試みなのです。この目的は主に「大学のグローバル化」にあります。

 

 

 

このところ日本の大学の地位は次第に下がってきています。その原因は留学生の受け入れ態勢が脆弱であるからです。日本の大学の海外からの留学生の数は国際的に見てかなり低い水準にあり、それが国際的な評価を落としている大きな原因なのです。

 

 

 

それを改善し留学生を増やすために、まず英語の講義を始めようというわけなのです。こうした現状を踏まえ、高校教師はこれに対応した授業を始める必要が喫緊の課題ではないのでしょうか。