国際公認会計士

国際公認会計士

公認会計士は難関の国家試験です。でも国内で会計士として仕事をやる場合は英語が必要になることはほとんどありません。というより簿記には堪能であることが必要でも、英語は無縁の仕事であると言っていいかもしれません。

 

 

 

ところがこれが「国際公認会計士」になると事情が一気に変わってきます。いま「国際公認会計士」と呼ばれている人たちは主に米国公認会計士のことです。これはその名のごとくアメリカの公認会計士資格のことです。

 

 

 

この資格を持つと米国に限らずその他の英語圏の国々でも職務を遂行することが可能になります。また日本国内にいてもこの資格を持っていると大手外資系の企業に高給で迎えられることも珍しくありません。

 

 

 

【米国公認会計士になるにはどれぐらいの英語力が必要か】

 

米国公認会計士になるには「USCPA」と言う試験を受けなければなりません。これに必要な英語力はreadingとwriting の力が必須になります。

 

 

 

でもこの試験はTOEICやTOEFLなどの難解な文章の試験と違って比較的シンプルな英語の文章で書かれていることもあって、基礎的な英語力がしっかりしていれば対応できます。

 

 

 

専門用語は別にしてそれ以外は難解な文章はほとんど出てきませんから、はっきり言って高校卒業程度の英語力でじゅうぶん対応できるのです。したがって問題になるのは専門用語の理解力と会計士としての能力です。

 

グローバル化社会にあって、会計についても世界の垣根が次第に少なくなってきていますから、国際公認会計士は今後有望な職種のようです。