日本語教師

日本語教師

外国語スクールの教師に外国語の力がいるのは当然なことですが、案外見落とされがちなのが日本語教師の英語力についてです。日本語教師は日本語を教えることを職務にしますが、教える対象は外国人です。

 

 

 

小学校の国語の先生のように日本人の生徒に日本語を教えているのではありません。日本語をまったく知らない外国人に対して日本語を教えているのです。でも教えるのは言葉だけではありません。私たちが外国語を学ぶときには言葉とともにその国の文化とか習慣の違いについて学びます。

 

 

 

ですから日本語教師もそうしたことを外国人に教えなくてはなりません。したがって正しい日本語を知っていると同時に日本について、文化や歴史などの正しい知識を持っておく必要があります。それらの知識と同じように必要なのが、世界共通語である英語の力です。

 

 

 

【日本語教師は英語ができないといい指導はできない】

 

日本語を学ぶ外国人の場合国籍はどこであっても英語を理解できる人は多いようです。ですから、そうした人に日本語を指導していて、どうしても日本語の説明では理解してもらえない場合には英語を使って説明すれば授業がスムーズに運びます。

 

 

 

これは英語が国際語である所以です。この世界共通語である英語ができることはグローバル化した社会では必須の力です。ですから今後日本語教師を目指す人は日本語に磨きをかけると同時に英語力のアップをはかることも必須課題なのです。

 

 

 

グローバル社会の中で、今以上に日本という国を理解してもらうためには、何より日本語をより普及させることが大切です。そのために日本語教師の役割は今後ますます大切になります。