いまこそ問われる大学教授の英語力

いまこそ問われる大学教授の英語力

このところ日本の大学の地位が少しずつ下がってきているようです。以前はアジアでトップの地位にあった東京大学ですら、最近では香港などの英語力のある大学にランキングで抜かれてきています。日本を代表する大学がアジアですらその地位を落としているとは由々しきことです。

 

 

 

つい最近のことですが東京大学の職員がインド各地を回って生徒を日本に招致するための集会を開いている様子がテレビで放映されていました。このようにいま日本の大学はグローバル化に伴い、世界に窓口を広げなければその地位を守れない時代になってきているのです。

 

 

 

つまり大学の国際化のために広く海外から優秀な学生を集めなければ、国際的に良い大学であるとは認められないのです。

 

 

 

【大学のグローバル化でこれからはすべての大学教授に英語で講義する力が求められる】

 

このように世界に窓口を広げてたくさんの留学生を日本に招くということは、これまでのように日本語による講義だと授業は成り立ちません。当然国際語として広く世界で使われている英語による授業に切り替えなければならないのです。

 

 

 

もちろんすでに英語による講義を展開している大学も多くあります。でも全体的に見るとその比率はまだ非常に少ないようです。この現状だと、これからの大学のグローバル化には不十分です。

 

 

 

日本の大学を広く世界に向かって広めるためにはなんと言っても英語で講義できる教授の数を増やさなければなりません。英語での講義がわが国のどこの大学でも一般的になったときこそ、真に日本の大学の国際競争力がついたと言えるのではないでしょうか。